Takenosuke Tuji Collection Gallery

辻武之祐

 


辻 武之助(つじ たけのすけ 1905年(明治38年)- 1976年(昭和51年)京都出身の象嵌師

1905年(明治38年)、京都で出生。1916年(大正5年)、11歳で生家没落のため、近江の清水象嵌師のもとに修業に入る。1926年(大正15年)、京都小倉象嵌師のもとに移り、修業を重ねる。1932年(昭和7年)、27歳で象嵌師として独立。1927年(昭和2年)、滋賀県石部町出身の神山とめと結婚。5男3女をもうける。
職人としての腕はもとより、進取の気性に富み、当時は畳上での作業が普通であったのを、机上の作業に、また、全行程を一人の職人が制作していたものに分業制を導入するなどした。
生業としての商品の製造、販売は長男(武之助二世)に任せつつ、気の向くままに大作の制作に打ち込んだ。作風は写実的なものが多く、特に龍や鷹、虎などが繊細かつ迫力ある描写がなされ、それらは花瓶や額絵に躍動感あふれる技巧が凝らされている。1940年(昭和15年)、天覧品(天皇がご覧になる作品)として出された作品が宮内庁(旧宮内省)で買い上げられる。
1974年(昭和49年)、京都市伝統産業技術功労者として顕彰された。
2017年2月に学芸員監修のもと、京都市美術館にその作品が収蔵された。

tujitake-top1
tujitake-top2


伝統に生きる

img_8025黒地に金や銀の花模様が浮かび上がるアクセサリー。ネックレス、コンパクト、カフス・ボタン、ループタイ・・・。きらびやかな中にも、しっとりと落ち着いた趣がある。象嵌と呼ばれるこれらの技術が日本に伝わったのは奈良時代のことだと言う。「他の文化と同じように中国大陸から伝わったのですが、中近東の古い遺跡からもたくさん出土しています。」
かつて象嵌の製造・卸会社を経営していた辻 淳一(辻武之助二世)は、京都府象嵌振興会会長でもあった。自宅近くの作業場で、10人の職人がツチとタガネを握り、コツコツコンコンと制作に精を出した。「親父が象嵌の職人でしてね。11歳から70年間この道一筋に生きてきました。私もその技術を受け継ぐために約20年修行をしました。」京象嵌は、鉄の生地にタガネで細かい縦横の線を刻みつけて、その上に金、銀の薄板や金糸、銀糸を載せて嵌め込むのが特徴。タガネでつけた線が丁度布目のようになるので、これを布目象嵌と言う。作品は、額などの大きなものから、タイピンやネックレスのような小さいものまで様々。工程も少し違う。
「額を作る場合は、まず下絵を生地に移して布目切りをしますが、小さいものはあらかじめ布目切りをした生地を、それぞれの大きさに切って使うのです」生地に金や銀を嵌め込む入嵌の作業がはじまると、職人の神経は指先に集中する。細かい模様や縁取りには、直径0.15ミリから0.7ミリまでの金線や銀線を、それ以外は金板、銀板を使う。「入嵌が終わると硝酸液につけます。こうすると、鉄の部分が腐食して金銀の模様が浮き上がってくるんです。このあと錆出し、錆止め、色付け、研出しの工程を経て、仕上げにかかります」
数10年にわたり、エジプト、ブータン、イラン、トルコなど、象嵌のふるさとと言われる国を訪ね、現地の職人さんたちと身振り手振りで交流を深めてきた。